会員の紹介


深谷宣仁、麻布獣医大学空手豪友会十六代主将
現在は、千葉にある剛柔流空手の指導員であり
毎週日曜日に空手の稽古と指導をしております。
null

総合空手道場の羽鳥正晃君の紹介


羽鳥正晃君は千葉県にある総合空手道場本部に通っていますが
普段は仕事の関係で埼玉県の支部道場にて鍛錬しています。
全日本空手道志道会、遠藤指導員の友人でお互いに時間がある時は
格闘技について語り合ったりしている格闘技の好きな羽鳥君です。

石丸昌志君の紹介



1974年4月3日生まれ。大阪府高槻市出身、関西大学文学部卒業
格闘技に興味があり町田市に逆関節技を取り入れた、空手道場を知り
平成14年に全日本空手道志道会に入会し。その後
全日本空手道志道会フルコンタクト空手トーナメントに出場し優勝
第71回新空手道交流大会K-3軽量級トーナメントに出場し優勝

全日本空手道志道会の教えの中で身体バランスを整えるため、東洋医学
のスポーツ整体を教える教室があり大変興味を持ち、専門に勉強するため
呉竹鍼灸柔整専門学校に入学し厚生労働大臣認定の国家資格、
鍼灸師免許取得.同時に柔道整復師免許取得。
現在は、町田市玉川学園にて「東洋はり灸整骨院」開業

null


全日本空手道志道会、本間俊幸指導員の紹介


平成13年に全日本空手道豪友会忠生道場に入会。
子供も同じく入会し、親子で同じ趣味を持つためと、
精神を鍛えたいという意味で空手を学び、現在は
全日本空手道豪友会から独立した全日本空手道志道会
の師範の下で、武道の真髄を極める思いで、志道会の
師範から、厳しく指導して頂きながら全日本空手道
志道会の広報係の役員もしております。)

null

全日本空手道志道会成瀬道場、遠藤武彦指導員の紹介


18歳から3年間、蒲田にある空手道幸栄館で井上先生から
空手の手解きを受け、大学時代はアメリカンフットボールチームに所属し
ランニングバックを行い大学卒業後は、山梨に引っ越したため空手を中断

30歳で町田に引っ越してきた事で空手を再開したく、拳道学の
創始者の大西栄三先生に手解きを受け、現在は全日本空手道志道会
の空手の極意を極めるため、成瀬道場にて後輩を指導しながら、
日夜、研究を重ねております。

null


null

全日本空手道志道会、木曽山崎道場藤井良彦師範代の紹介


木曽山崎道場師範代は、昭和27年生まれで大学時代は玉川大学空手道部
に所属し全日本空手道連盟公認9段位の荒川通先生の指導を受ける

大学卒業後も、東京フィジカルセンターで荒川先生と元世界チャンピオンの小野善一
先生にご指導受け、九州で活躍されている元世界チャンピオンの村瀬一三     先生 今村成之先生と合同練習をさせて頂きました。

その後、2人の子供と共に6年程、町田市自宅近くで松檮館流空手を
山口城蹟先生にご指導して頂きました。
山口先生が亡くなられた事も有り今一度、和道流空手の真髄を学ぶため


空手豪友会創始者の野角先生も和道流を修行され、研究を重ね独自の
スタイルを創始され現在は、全日本空手道豪友会と会派を開き、
その愛弟子あります現志道会師範の庄司先生のもとで空手を教えています。

神奈川県藤沢湘南台太極拳教室


神奈川県藤沢市湘南台太極拳教室紹介

稽古場 湘南台文化センター体育教室
時 間 午前9時~11時 日曜日
指導員 前田 孝

前田孝のプロフィール
全日本空手道豪友会、野角三千雄会長に空手の手解きを受けると共に、全日本空手道志道会師範からも空手の極意を教わり、更に神奈川県剣道連盟に所属し剣道二段の資格を取り、50歳より伝統陳式太極拳を学ぶ、気の極意を学ぶため、現在合気道教室に通い将来は、太極拳の稽古の中に取り入れたいと思っている。

空手志道会


空手道志道会は、競技空手では使用できない禁止技を
研究し古武術に存在する、武道的な空手を目指し
各、会派の黒帯と交流を持ち、武道の持つ限界に挑戦し
最強の格闘家を育てることを目的とした団体です。
古武術で使用する武器の研究と、武器の開発に努め
実戦的な動作が出来ることを目指し、現在の競技の中に
取り入れることが出来るように研究している団体です。
稽古場は、木曽山崎センター(日曜日) PM14:00~17:00
忠生市民センター(火曜日) PM19:00~21:00
成瀬センター (金曜日) PM20:00~22:00
事務局住所 東京都町田市忠生3-20-11
電 話 042-793-5564
代表者名  庄司 博

サイト内検索
リンク集
Feeds